【倒産】第一中央汽船株式会社(東証一部上場):上場企業の倒産

第一中央汽船株式会社が東京地裁へ民事再生法の適用を申請。

【負債総額】1,764億6,700万円

【市場】東証一部

【備考】

  • 100%子会社のSTAR BULK CARRIER CO.,S.A.(パナマ共和国)も同日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請。
  • 負債は2015年6月末時点で第一中央汽船(株)が約1,196億800万円、STAR BULK CARRIER CO.,S.A.が約568億5,900万円で、2社合計で約1,764億6,700万円だが、今後の民事再生手続きにおいて増加する可能性があるとのこと。
  • 2015年の上場企業倒産は江守グループホールディングス株式会社(4月民事再生法、東証1部、負債711億円)に次いで3社目で、同社を抜いて負債総額は今年最大。
  • 海運業者の倒産としては三光汽船株式会社(1985年8月会社更生法、負債5,200億円)に次いで過去2番目。 

【参考サイト】


2015年9月29日 20:55,

カテゴリ: キャピタリストナビ 記事一覧(ベンチャーキャピタル), コラム・特集, 上場企業の倒産